15 Sep 12

>「機械を使いたいのか、機械に使われたいのか、どっちだ。」
この定義が、一般人とGEEKで違うのですよ。

一般人の場合
機械を使う
→PCの内部を意識せず、目的の業務なり文書を仕上げること。
機械に使われる
→コマンド、URL等、自然言語にない意味不明な呪文を覚えされられること。
 本来の目的と無関係な、環境構築や設定に労力を食われること。

GEEKの場合
機械を使う
→環境を自分にとって快適になるように
 自分のコントロール下に置くこと。

機械に使われる
→カスタマイズできない、ハックできない
 ベンダー(または自社)お仕着せの環境を使わされること。

数日前のストーリーにあった、フリーソフトのユーザビリティが改善しないと言われているのも
この辺のすれ違いからじゃないかと。

日本はLinuxデスクトップ不毛の地なのか
2008-08-08 (via tsundere, yoosee)
15 Sep 12

(via vampir)

28 Jun 12

(Source: phorbidden, via ninamo44)


25 Jun 12
古館、「国民が知らない間にコッソリ重要な法案が国会を通りました」って・・・。国会で審議している以上、「国民が知らない間にコッソリ」ではなく、「私達TVメディアが報道していませんでした」というのが正しいのでは。それこそ悪意に満ちた虚偽報道でしょう。
Twitter / koyama3573 (via tsundere)

(via tsundere)

25 Jun 12

(via vampir)


25 Jun 12
「そりゃ、貧乳のお前より巨乳のお前のほうがいいけどさ、
巨乳の誰かと貧乳のお前だったらお前だわ」

茶速 「結局男は巨乳が好きなんでしょ?」←かっこいい言い訳考えようぜ (via gutarin) (via blacktights, rancorcool)

2009-04-02

(via gkojay) (via ittm) (via nwashy) (via ken486) (via mizki9577) (via k32ru) (via highlandvalley) (via zakurochan)

(via noro999qqq) (via glasslipids) (via gakkie) (via mtsuyugu)
25 Jun 12

(via vampir)

25 Jun 12

104 : 風吹けば名無しし : 2012/06/07(木) 19:25:47.84 ID:ccbAXvvx

やっぱはぐれメタルが最高だったよな…
横になりながらプレイしてても
はぐれメタルがあらわれたら体勢整えたもんだ
112 : 風吹けば名無し : 2012/06/07(木) 19:30:00.41 ID:S049Hr7B
»104 
わかる

ゲースレVIP : スライムの種類wwwwwwwwwwwww (via mcsgsym)

mcsgsymsayusayukawaiiからリブログ:

(via tataraseitetsu)

(via mtsuyugu)

25 Jun 12

テレビは大画面で高価になるほど市場を狭めていくだろう。ソフトウエア開発のコストが高騰するハイエンドゲームコンソールは厳しいビジネスになるだろう。PS/3が搭載したCellは特殊なアーキテクチャでソフトウエア開発が難しく、いかに性能が優れていても半導体として外販して成功することは難しいだろう。いずれも、教科書的な「イノベーションのジレンマ」そのものです。

一つの解決策としては、「そこそこ」の品質でより低価格なデジタル家電製品も併売して市場を確保しつつ、オンラインサービスで付加価値を提供することや、システムソフトウエアのアップデートで継続的に価値を高めていくことで顧客をつなぎとめる施策が考えられます。デジタル家電の価値を高めるには「サービス化」が最も重要といえます。そのお手本も当時すでにありました。iPodとiTunes Storeはこの時点で成功していたのです(やがて、iPhoneでさらに大きな成功を収める訳ですが、サービス化のモデル事例はすでに存在していた訳です)。

が、当時の職場ではそういう「後ろ向き」な話は周囲にまったく通じませんでした。大画面テレビでは外国勢が日本のメーカーに敵うはずがない、なぜならディスプレイデバイスの技術、画像処理の技術のノウハウの蓄積が全然違う、と思われていました。Cellの技術記事は読者に非常に人気があり、誌面では「これだけ半導体ががんばって性能を出せるようにしたのだから、ソフト開発者もがんばって付いてきて欲しい」という論調がまかり通っていました。

『イノベーションのジレンマ』は他人に伝えることが難しく、実行はもっと難しいという個人的な思い出: ITジャーナリスト星暁雄の”情報論”ノート (via otsune)

(via mitaimon)